« 防災セットを買いました。 | トップページ | 投票してきたよ »

2005.09.09

もうすぐ投票日

いよいよ総選挙の投票日が迫ってきました。
もう誰に投票するか決めましたか?
前回は「岡山は保守ガチガチでつまんなーい」と言っていたのですが今回は国体開催直前の大事な時期に市長が突如立候補したり、大物議員が無所属になったり、コスタリカするかしないかで揉めてあわや大物2人が小選挙区でバトルか!?とか、見たこともないような二代目が落下傘のように降ってきたり、今まで若さを売りにしてたのに候補者全員若者になっちゃった選挙区とか、有名議員の地盤へ性懲りもなく今回も立候補してきた某政治家の息子とかもう突っ込みどころ満載です。
マニュフェストを実際に手に取ったことはないけれどどの党が自分の意見に近いのか知りたい方はこちらのサイトをぜひ参考に。

マニュフェスト占い
http://mani-uranai.com/

あと、初めて総選挙の投票をするときに「あれ、何この投票?」と
思っちゃう国民審査ですが、いい機会なのでこちらのサイトを
参考に投票してみては?

2005年9月11日 「最高裁判所裁判官 国民審査」に、キチンと参加したいあなたへ
http://homepage2.nifty.com/misoshiru/mg/shinsa.htm

|

« 防災セットを買いました。 | トップページ | 投票してきたよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐ投票日:

» チャーチルを捨てた英国人 [PARDES]
イギリス人の政治感覚の優秀性は、世界的に定評があります。清教徒革命、名誉革命と自らの手で議会制民主主義を育て、その制度が世界各国の模範になっていることからも伺えます。そのバランス感覚は、到底日本人やアメリカ人などの及ぶところではありません。そのイギリス人の政治性を語る最も象徴的なものに、大宰相ウィンストン・チャーチルに対する信じがたい態度に如実に現れています。 チャーチルが戦時内閣を組織したのが1... [続きを読む]

受信: 2005.09.09 13:25

« 防災セットを買いました。 | トップページ | 投票してきたよ »